エイズ検査を行なおう|保健所や自宅で気軽に受けられます

男性医師

保健所での検査

病院

性病の中でも最も完治が難しいと言われているのがエイズです。エイズはHIVウイルスに感染することで発症する病気です。発症すると体の免疫が低下して風邪などの軽い病気で命を落とす可能性もあります。発症の原因となるHIVウイルスは潜伏期間が長く、感染してから10年以上経過して病気が発覚する場合もあるのです。自覚症状も無いので自分では感染している事に気が付きません。そこで、HIVウイルスに感染しているか確かめるためにHIV検査を受けるべきです。主に病院や保健所で実施されています。病院での検査はお金が発生しますが保健所での検査には費用が発生しないので、初めてHIV検査を受ける人は保健所を利用しましょう。保健所でのHIV検査は自分の名前を告げる必要もないのでプライバシーを守りながら検査が受けられるのです。また、多くの保健所では検査を行なう際に他の人と顔を合わせないように工夫を施していて、検査結果も面談でのみ報告されます。
保健所でのHIV検査は病院の検査と違って検査項目が少ない場合があるので、受ける前にあらかじめ項目を確認しておきましょう。また、検査は一週間から二週間に一度の頻度で実施されているので、いつ行っても受けられるわけではありません。保健所によっては土日に検査が行われている場合もあるので検査が受けられる日を事前に調べておきましょう。中には検査を受けられる定員が決まっている保健所もあるので、受診するときはなるべく早めに足を運ぶべきです。各自治体のホームページを閲覧すると、HIV検査に関する情報をすぐに確認することができます。