エイズ検査を行なおう|保健所や自宅で気軽に受けられます

男性医師

診療科ごとの違い

女性ナース

東京で初めて性病検査を受けるとき、どの診療科を選択したら良いのかわからないはずです。基本的には泌尿器科や産婦人科、性病科などを受診するものですが、それぞれの科で行なわれる検査にはどのような違いがあるのか知っておきましょう。
まず、東京の泌尿器科では男性女性どちらも受診することができます。治療対象の臓器も腎臓から尿管、膀胱など泌尿器が中心で、専用の設備も整っています。しかし泌尿器科の中には性病検査の経験が少ない医師もいるので、受診の際は検査に関する実績などを調べておきましょう。対して産婦人科は主に女性を対象としている科で、子宮や膣内の健康状態について詳しく検査をしてくれます。妊婦が性病検査を受けた時、感染が発覚すると大きな病院に移される可能性があります。そして、性病検査で一番適しているのが性病科です。性病科は男女ともに受診できる上に、在籍している医師も性病に関する知識が豊富です。そのため、より的確な検査と治療が受けられるはずです。また、診察に行くまでに勇気がいるはずですが、受診している人は同じような悩みを抱えている人ばかりなので待合室でもリラックスして待機できます。しかし、場合によっては性病科を受診したことが家族や会社の人に気づかれる可能性があるので気をつけましょう。また、東京では性病科を専門で開設している病院は少なく、泌尿器科や皮膚科などと併設されていることがほとんどです。性病検査で東京の病院を受診する際、このような診療科ごとの違いをあらかじめ把握しておくことはとても重要なのです。