エイズ検査を行なおう|保健所や自宅で気軽に受けられます

医者と看護師

キットを使った検査方法

カルテ

エイズ検査は、発症の原因となるHIVウイルスに感染していないか調べるものです。保健所や病院にいけばすぐに検査が行えます。しかし仕事の都合などで検査に行けない場合は専用のキットを使えば簡単にエイズ検査が行えます。検査キットは非常にシンプルな作りをしていますが検査の精度は高いもので、正確な結果が診断されるのです。性病の治療を専門にしている機関に注文をすると自宅まで検査キットを郵送してくれます。万が一自宅での受け取りが難しい場合は郵便局での受け取りも可能です。また、平日の15時までに注文すると翌日には自宅まで届けられます。検査キットが届いたら、プライバシー保護のため名前の代わりにIDを申込書に記入します。IDとパスワードを自分で決められるので、検査を実施する企業でも個人の特定をすることはありません。申込書に必要事項を記入したら実際に検査に必要な血液などを採取して、返信用の封筒にいれて郵送します。キットの中に説明書が同封されているので、初めての人でも戸惑うこと無く利用できるでしょう。郵送した検査物は衛生検査所で正確な検査を行ない、後日結果が報告されます。検査の結果報告は基本的にネットを利用して自分で確認します。パソコンやスマホから簡単に閲覧できるので時間や場所に関係なくいつでも確認できます。また、結果を見た後はデータ消去ができるので気になる人は消しておくようにしましょう。キットのパッケージにはサポートセンターの表記があるので、自宅での検査に不安がある人でも安心して使用することができます。

病院で検査を受ける

2人の女医

性病検査は泌尿器科や産婦人科で行なわれます。問診票に体の異変などを細かく記入し、それを元に診察が行なわれます。その後採血や尿検査を実施して性病の有無を調べるのです。また、検査を受ける際は時間をおくようにしましょう。

詳しくはこちら

保健所での検査

病院

HIV検査は保健所と病院で受けることができます。保健所での検査は原則費用が発生せず、名前も告げる必要が無いので初めての人でもリラックスして検査ができます。また、各自治体のホームページから検査に関する情報を確認しましょう。

詳しくはこちら

診療科ごとの違い

女性ナース

東京で性病検査を受ける際、それぞれの診療科の違いを把握しておくことはとても大切です。泌尿器科や産婦人科、性病科など検査を受けられる科はいくつもありますが、検査の精密度や内容は大きく違ってくるのです。

詳しくはこちら